MusMusブログ

無料で使えるフリー音楽素材の秘密をそっと教えよう

「ハナクソの秘密をそっと話くそう」
             ヤムチャ(エイジ733年3月20日 – )

あくまでMusMusの場合は、ということになりますが。

以前からMusMusの音楽素材が無料であることに驚かれることがちょくちょくありました。
(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 2 コメント

コンテンツIDの誤爆じゃなかった・・・Youtubeの著作権侵害警告の原因判明

MusMusの楽曲を使用した動画をYoutubeにアップロードすると「第3者の著作物を使用している可能性がある」※と警告されることがあることを以前にも記事にしました。

※警告の実際の文章はいただいた報告によってまちまちで、確認できたのは以下の三つです。(2014/4/21追記)

  • 第三者のコンテンツを確認しました
  • 第三者のコンテンツと一致したため~
  • 著作権で保護されたコンテンツが動画に含まれている可能性があります

2013年末辺りからずっと引きずっていたこの問題、Victor Entertamentさんに問い合わせたところ綺麗にさっぱり解決しました。

と同時に、MusMusどころかどんな音楽を使っても起こりうる問題ということもわかってしまったんですけどね・・・。 (続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 6 コメント

MusMusのBGMを使った動画にYoutubeから著作権侵害の警告がきたときの対処

MusMusのBGMを使った動画がYoutubeから著作権侵害の警告を受けるという事例が続いています。

以前からちらほらあったものですが、ここ1週間で3件連発。
(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 6 コメント

著作権フリーについてのMusMusの考え

MusMusでは著作権フリー音楽ロイヤリティーフリーという表現を避けています。

著作権フリー音楽

著作権フリー音楽とは、著作権の保護期間が終了したり著作権を放棄したりした、文字通り「著作権の無い音楽」を指すのが本来です。
(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 0 コメント

TPPとフリー素材 [著作権の非親告罪化]

本日こんなニュースが流れました。

著作権保護、70年に延長 日米TPP事前協議

このニュースで、「え?TPPって経済とか関税の話じゃないの?」と思った方もいるかもしれません。

実際は関税とかだけでなく知的財産権、著作権まわりへのTPPの影響ってかなり大きそうで、MusMusのようなフリーBGM音楽素材サイトもあおりを喰らう可能性大です。

(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 0 コメント

ニコニコ動画フリー音楽素材ランキング(テキストクレジット数)

先日こんな(しょうもない)記事を書きました。

> 祝!ニコニコ動画ほぼ500万再生突破!

BGMとして皆さんの作品を陰から支えているフリー音楽素材サイトですが、もっと注目されてもいいではないか!と思っています。

そこで、フリー音楽素材がニコニコ動画でどれくらい使われているのか調べてみました。
(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 2 コメント

ダウンロードに関する著作権法変更とエルマークの正体

平成24年10月。気づいたら著作権法が変わっていました。

政府広報オンライン:平成24年10月から著作権法が変わります
販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となります

音楽や映像と名指しされているのでこれは放っとけません。

何が変わったのでしょうか?

(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 0 コメント

無料が多い日本のフリー音楽素材


日本のフリー音楽素材サイトには無料で使用できるかなり太っ腹なところが多いようです。

海外での音楽素材事情でも触れましたが、海外を見渡しても、商用にまで無料で使えるというのは中々無いんじゃないでしょうか。

日本で無料のフリー音楽素材サイトが発展しているのはなんでだろ?

これはぼく個人の予想でしかないのですが・・・
(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 0 コメント

待ち時間を短く感じさせるBGMとは?

銀行、病院、役所・・・待ち時間というのはほんとに退屈なものです。

待ち時間を短く感じさせる工夫は昔から実践されていますが、BGMを流すというのはその中でもポピュラーではないでしょうか。

ではどんなBGMが良いのか?

そんな調査や論文を探してみました。
(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 0 コメント

フリー音楽素材のフリーって?

日本のフリー音楽素材の「フリー」ってなんなのでしょうか?
(続きを読む)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 0 コメント