ダウンロードに関する著作権法変更とエルマークの正体

平成24年10月。気づいたら著作権法が変わっていました。

政府広報オンライン:平成24年10月から著作権法が変わります
販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となります

音楽や映像と名指しされているのでこれは放っとけません。

何が変わったのでしょうか?

  • 平成24年10月1日から著作権法が変わります
  • 違法なインターネット配信から、販売または有料配信されている音楽や映像を、自らその事実を知りながら、著作権者に無断でダウンロードするような「違法ダウンロード」(録音・録画)が、新たに刑罰の対象となります
  • 違法ダウンロードは、音楽や映像などを創作した人などの正当に得るべき利益を損ない、新しい作品の創作などを妨げ、ひいては文化の発展に悪い影響を与えます
  • 音楽や映像を違法にダウンロードしないようにするためには、「エルマーク」がついているサイトなどの正規の配信サイトを利用しましょう
  • また、個人的に利用する目的であっても、コピー防止機能がついているDVDを自分のパソコンなどに取り込む行為(リッピング)は、新たに違法となり、また、このようなコピー防止機能を解除するプログラムなどを作成や譲渡などした場合が刑罰の対象となります

(政府広報オンラインから引用)

何が変わったの?

これまで特に規定の無かった「違法と知りながらダウンロードした際の刑罰」についてはっきり規定されました。

刑罰の内容は「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」です。

政府広報の気になるお言葉

「販売または有料配信されている音楽や映像を」

MusMusのような無料ダウンロードが最初からできてしまうサイトの音楽はどうも関係ない様子。

「音楽や映像を違法にダウンロードしないようにするためには、「エルマーク」がついているサイトなどの正規の配信サイトを利用しましょう」

こんなふうに書いたら、うちのようなエルマークの無いダウンロードサイトは違法みたいなイメージになっちゃうじゃないですか・・・
「正規配信サイトであってもエルマークの表示がない場合もあります」って別の場所に小さく書いてはありますが。

だったらMusMusでも是非エルマークを取得せねば!
ということで、まずは現在エルマークを取得しているサイトの一覧を見てみました。

エルマーク登録サイトの顔ぶれ

エルマーク発行先一覧

はい。企業ばっかりですね。この中にはMusMusのような草の根配信サイトはもちろん、企業であってもマイスペースやMuzieなどのオリジナル曲登録・配信サイトも含まれていないようです。

日本レコード協会

エルマークは日本レコード協会(RIAJ)が正規の配信サイトと認定したサイトに発行しています。

何をもって「正規」と判断しているのかというと「レコード会社や映像制作会社と契約している」というのが判断基準。

要するに個人運営の配信サイトやインディーズ配信サイト、マイスぺ、Muzie系ユーザー登録制配信サイトは関係ないよってことですね。

エルマークの意味と正体

エルマーク自体に何の意味があるのか?どう考えても政府広報に書いてある「正規ダウンロードができるサイトの目印」にはならないと思います。

別にレコード会社やそこと契約している会社だけが曲を配信しているわけではないんですから。
日本レコード協会が本気でエルマークを「正規ダウンロードの目印」にしたいのであれば、個人配信者のサイトまで発行・管理しなければなりません。

というわけで、エルマークは現状日本レコード協会が自分の利権を守るためのマークでしかなく、利用者に有益なマークとはちょっと思えない、というのが個人的意見です。

音楽を配信する側の立場から

政府広報が著作権に関するお知らせの中に「エルマークがあるのが正規ダウンロードサイトですよ」とか盛り込んじゃって、これじゃ「著作権法では企業が配信している楽曲以外は守らないよ」って宣告されているみたい。
ここで問題になっているのは「ダウンロード」であって、楽曲自体の著作権がどうとかいう話ではないのですが、それにしても嫌な流れではあります。

まとめ

あくまでぼくの私見です。

今回の著作権法の変更について

  • 違法ダウンロードした際の刑罰がはっきりした
  • ダウンロードに関することなので、入手した曲を自分の作品にBGMとして使えるかどうかは関係ない

エルマークについて

  • エルマークのついていない正規配信サイトはたくさんある
  • 現状エルマークの意義ってあんまりないと思う

おまけ

こんな記事も見つけました。必見です。

レコード協会の「エルマーク」は、本当に不正ダウンロードを減らすか?

| カテゴリ:音楽素材考察 | 0 コメント

コメントを残す