MusMus ブログ http://musmus.main.jp/blog フリーBGM・音楽素材MusMus管理人/ときどきボカロ Sat, 30 Sep 2017 14:50:18 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.9.20 守護天使 http://musmus.main.jp/blog/%e5%ae%88%e8%ad%b7%e5%a4%a9%e4%bd%bf/ http://musmus.main.jp/blog/%e5%ae%88%e8%ad%b7%e5%a4%a9%e4%bd%bf/#comments Sat, 30 Sep 2017 14:49:02 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3431 オリジナル・ラブの楽曲「守護天使」。

アルバム「ムーンストーン」の中の鳥肌モノ(いろんな意味で)の一曲です。

控え目なアコースティックギターのリフ。
シンプルだけど美しいコーラス。
オシャレなベース。
シンコペーションで複雑に飛び回るメロディ。
柔らかいソプラノサックス。

いやー素晴らしいサウンドです。

だけどこの曲でぼくが最も気に入っているのは歌詞なのです。

作詞は松本隆氏。

歌は女性が青白いオーラに包まれるイメージから始まります。

守護天使というタイトルからも曲調からも何かロマンチックなことが起こるような予感がします。

ところが、曲が進んでいくとちょっと様相が変わってきます。
「あれ?」「え?」と違和感を感じているうちに・・・

これは先に歌詞全体を見ちゃうと「何だこりゃ?」で終わっちゃうと思うんですよね。
美しい曲調にのってゆったりとしたテンポで歌詞を噛みしめながら聞き入っていると陥るカタルシス。

賛否両論な歌詞のようですが、どんでん返しのある小説を読んだような感覚のするその歌詞に文字通りぼくは鳥肌が立ったのでした。

]]>
http://musmus.main.jp/blog/%e5%ae%88%e8%ad%b7%e5%a4%a9%e4%bd%bf/feed/ 0
BGM追加。ハッピーなオルガンジャズ「魔法のクッキング」 (tw083) http://musmus.main.jp/blog/tw083/ http://musmus.main.jp/blog/tw083/#comments Fri, 01 Sep 2017 16:05:16 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3402 BGMを一曲追加しました。

クッキングの音楽といえばオルガン! というのは例の番組に洗脳された日本人独特の先入観ですかね( ̄ー ̄)

単純なコード進行ですがメロディは半音階での細かい動きとペダルトーン的なAに飛ぶ動きとが入り混じって、結構工夫してます。

4小節目のFも、コードがD7の時なので9+ですね。

メロディでこういう音を使うことがジャズっぽい曲を作るコツのような気がします。

せわしなくて忙しいけどハッピー、な雰囲気を感じ取ってもらえたら嬉しいです。

]]>
http://musmus.main.jp/blog/tw083/feed/ 2
(有)ターニング・ポインツと(株)イーグルパブリシングのこと http://musmus.main.jp/blog/turning-points-eagle-publishing/ http://musmus.main.jp/blog/turning-points-eagle-publishing/#comments Tue, 04 Jul 2017 13:31:49 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3373 昨年末からtwitterのトップに固定しているこちらですが・・・

トップ固定はムラサキ続編の公開までと決めいていましたので、そろそろ解除かなーというところです。(思ったより続編の公開が後ろに延びtゲフンゲフン・・)

特にトラブルがあったわけではありません。

ご心配いただいた方、すみませんでした。
むしろ、無名のぼくには破格の報酬をいただいて時間をたくさんいただいてきっちり完了したお仕事です。ほんとにありがたく思っております。

当時ぼくが直接やりとりしていたのは開発会社の方とでした。(元GLODIAのプログラマさんと後から知ってビビるわけですが)
ゲームが販売された記事を見たときに聞いたこともない発売元になっていたんですが、「まぁいっか」と流していました(^▽^;。
今思うと開発会社にゲームを発注した会社が、更にブランド名を設定して発売したんですねー大人の世界はややこしい。

そのゲームの楽曲群は文字通り魂を削って作った、自分のFM音源曲技術の限界に達した曲たちと今でも思っています。
このまま埋もれてしまうなら、権利を買うか許可をもらって同人でアルバム出すなり、梅本竜氏の楽曲に曲が混じってたことでやり取りのあったプロジェクトEGGで配信してもらえないか交渉してみたいなーと考えたのでした。

ですが、ぼくが連絡を取れる範囲の誰もがゲームの権利を持っていないという事実に気づくのが遅すぎました。

六次の隔たり

という概念があります。

ぼくの知り合いの中に会社や責任者の行方を知っている人がいなくても、twitterとかで拡散すれば行き当たるんではないか?と思いあのようなtweetをしました。
結果として数名の方から情報をいただけました。本当にありがとうございます!

中にはカタテマつながりの方や当時のPMD楽曲を聴いていただいていた方もいたりして・・・六次の隔たりとはいきませんでしたが不思議な縁を感じることができました。

結論から言うと、「権利がどこにいったか確認するのは正直困難」です。

不可能ではないかもしれないけど、ひとまず保留にします。
tweetの固定を外すかわりにこの記事を残しておくので、何か情報をお持ちの方がいましたらご一報いただけると嬉しいです。

]]>
http://musmus.main.jp/blog/turning-points-eagle-publishing/feed/ 0
音楽素材販売サイト「音探」サービス開始! http://musmus.main.jp/blog/%e9%9f%b3%e6%8e%a2/ http://musmus.main.jp/blog/%e9%9f%b3%e6%8e%a2/#comments Mon, 22 May 2017 14:46:54 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3357 知人が音楽素材販売サイトを開設しました。

音探
著作権フリーのBGM・効果音・歌もの・ボイス音素材マーケットプレイス
https://ongakusozai.com/
ontan_banner_300x250_ver1

音楽素材を探したい人も、音楽素材を公開・販売したい人もぜひチェックしてみてください!

音楽素材・効果音素材を探したい

カテゴリ、キーワード、シーン、目的など、あらゆる検索ができるようになっています。気に入った曲や効果音を見つけたら、そのクリエイターが登録している他の素材を確認することもできます。
そして「今月の無料素材」。月替わりで無料で素材が手に入っちゃいます。これはなかなか他の有料音楽素材サイトにはないんじゃないでしょうか?

音楽素材を公開・販売したい

自分のサイトを持っていないけど、曲を素材として公開・販売したい!という人にも朗報です。
クリエイター登録して自分の曲を販売しちゃいましょう。
クリエイターごとに用意される専用ページでは自由に自己アピールできます。もちろん「お仕事募集」もできます。
曲を登録しておけば直接オファーが来るかも?

というわけで、音楽素材販売サイト「音探」をよろしくお願い致します(^o^)/

]]>
http://musmus.main.jp/blog/%e9%9f%b3%e6%8e%a2/feed/ 0
BGMしっとりギタージャズ「ブレンド」追加 (tw082) http://musmus.main.jp/blog/tw082/ http://musmus.main.jp/blog/tw082/#comments Wed, 15 Mar 2017 14:12:01 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3335 BGMを1曲追加しました。

「ブレンド」

しっとり大人のジャズという感じです。

ブレンドというからには何かが混ざり合うわけです。
何が混ざり合うんでしょうか?

エロいですね。

]]>
http://musmus.main.jp/blog/tw082/feed/ 0
音楽のオシャレ感についての雑記 http://musmus.main.jp/blog/osyare-music/ http://musmus.main.jp/blog/osyare-music/#comments Thu, 12 Jan 2017 11:29:57 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3290 音楽は色々な要素で出来ていますが「オシャレ感」もその要素のひとつですね。

だけど、音楽を構成する要素の中でこの「オシャレ感」ほどはっきりと説明できないものはないんじゃないかと思います。

その音楽がなぜオシャレなのか誰も説明できない

ぼく自身オシャレな音楽を作ろうと心がけることはありますが、どうやったらオシャレになるのかは全部経験則です。

ぼくの場合だと例えば・・・

  • マイナーナインス使うとオシャレ
  • コード回転させて7th以上の音をダンゴにかためるとオシャレ
  • そもそもクローズドボイシングはオシャレ
  • ディミニッシュコードをはさむとオシャレ
  • メロの半音移動はオシャレ
  • オンコードはオシャレ
  • ペダルトーンはオシャレ
  • 高音と低音を強調するとオシャレ(ドンシャリ)
  • でも場合によっては中音域に絞ってもオシャレ(EQ)
  • 裏拍アクセントのシンコペーションはオシャレ

などなど。
でもこういうことをしてオシャレな曲ができたとしても、それをなぜオシャレと感じるのか説明はできません。

オシャレ感覚の個人差

これも常々感じていることですが、自分の曲を人に聞いてもらったときに「オシャレだね~」と言われても、ぼく自身はその曲を全然オシャレと思っていないことがしばしばあります。

サントラが絶賛DL販売中ムラサキ(ステマ)でいいますと、例えば1面ステージ曲「炭の小径にもえる花」。
これはぼく自身はオシャレだと思ってなかったので、オシャレですねとのコメントを何件かいただいて驚きました。

何をオシャレと感じるかは人によって全く違う。

一方で誰もがオシャレと感じる曲もある。

例えばこれ
Nulbarich「Hometown」

これをオシャレじゃないという人は少ないと思うけど、なんでオシャレなんだろう?これ。
難しいですねー。

ぼくは音楽を聴いて心が動くのは人間の本能だと思ってます。
危険察知や安全確認の他にも集団行動(鼓舞、安心、集結など)に関係しているんだろうなーと。

でもオシャレってそれらに関係なくないですか?
オシャレでかつアッパー、ダウナー、リラックス、どれとでも共存できるんですよね。

不思議だ。

これからも自分なりにオシャレとは何かを追及していきたいと思います。

あ、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

]]>
http://musmus.main.jp/blog/osyare-music/feed/ 0
MusMusのロゴの話 http://musmus.main.jp/blog/musmus-logo/ http://musmus.main.jp/blog/musmus-logo/#comments Fri, 04 Nov 2016 15:44:40 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3305 忙しくなっちゃってMusMusの更新が止まってます。
もう少ししたら色々できるようになるはず・・・!

生存報告を兼ねてどうでもいい話を。

昔MusMsuのロゴを考えていた頃、サイン波形で「M」を形作ることを思いつきました。

電撃的な思いつきだと思って作ってみたらWAVESのロゴを上下反転した限りなくアウトなものに!

sin-wave

当然ボツにしました。

いい思い付きだったのになぁ。

]]>
http://musmus.main.jp/blog/musmus-logo/feed/ 0
音楽素材新曲6曲追加しました http://musmus.main.jp/blog/2016-05/ http://musmus.main.jp/blog/2016-05/#comments Sun, 29 May 2016 13:23:38 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3267 気づけば1年以上音楽素材の更新をしていませんでした。

その間、管理人のwatsonはカタテマのゲーム「ムラサキ」に関わり、オリジナルサウンドトラックCDの制作、M3での頒布、メロンブックスへの委託、iTunes、AmazonMP3でのダウンロード販売の開始、さらにはムラサキ本編のPlayism、Steamでの全世界配信開始、Mozellさんのアルバム「もぜコン2」への参加などなど充実した音楽活動をしていました。

が「フリーBGM・音楽素材MusMus」としては全く動きがなく、音楽素材を目当てにMusMusにアクセスして下さっている方々には死んだと思われていたかもしれません。

ちまちま曲は作っているんですが、サイトを更新するのがとっても億劫で・・。なので、1曲できても「どうせならもう1曲作っていっぺんに更新しよう」とか思って結局更新しないんですが、これが罠で。もう1曲、もう1曲、と繰り返していると永遠に更新できないんですよね^^;

少しまとまった時間ができたので取りあえず6曲を公開しました。

新曲を簡単にご紹介。

ゆきうさぎ

冬に作った曲。

石畳の下で

石造りの街とそこで暮らす人たちを思い浮かべながら作りました。
しかし、そういう情景でこういう曲が思い浮かぶのって、ドラクエなんかのRPGによる一種の洗脳だと思います。

BT GIRLS

この曲のメモに残されたタイトル「BT GIRLS」。
「BT」とは何か?
メモを書いたぼく自身が忘れてしまったので、その謎は永久に解けない事でしょう・・・

ねずみのパーティー

ねずみ「シュローダーさんまじリスペクトっす!」
おもちゃのピアノ感、出てるでしょうか?

かなへたまへ

今回の一番のお気に入り。
当初は「雨乞いのうた」として作り始めましたがなんだか切ないフレーズになっちゃいました。

ワインブレイク

コーヒーやティーでブレイクすることは多いけど、ワインで一息いれてもいいじゃない。

]]>
http://musmus.main.jp/blog/2016-05/feed/ 5
もぜコン2の通販、はじまっています! http://musmus.main.jp/blog/mozecon2-tsuuhan/ http://musmus.main.jp/blog/mozecon2-tsuuhan/#comments Sun, 15 May 2016 13:08:27 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3238 バンバードのアレンジで参加させていただきましたmozellさんの楽曲アレンジコンピレーションCD第2弾「もぜコン2」。

mozellさんのサイトで通販がスタートしています。

購入した方は素材利用OKになります。
よろしくお願いします!

]]>
http://musmus.main.jp/blog/mozecon2-tsuuhan/feed/ 0
ムラサキがSteamで配信&オリジナルサウンドトラックもSteamとPlayismでDL開始です! http://musmus.main.jp/blog/murasaki-steam/ http://musmus.main.jp/blog/murasaki-steam/#comments Thu, 12 May 2016 09:59:25 +0000 http://musmus.main.jp/blog/?p=3229 ムラサキがSTEAMとPLAYISMで配信されることとなりました。
同時にオリジナルサウンドトラックも配信されます。

ムラサキ本体について

フリー版と比べてプラスアルファな要素があるそうです。

サントラについて

SteamでのサントラはSteam上にムラサキのゲーム本体が必要のようです。

iTunesとAmazon MP3ではすでに配信開始していますが、これからサントラの入手をお考えの方はこちらの方もよろしくお願いします。

価格は他の配信と同じにしていただきましたが、配信開始早期は割引が適用されます。

また、サントラは英語圏からは英語のタイトルで入手できるようになっているようです。

You can download the soundtrack, the song title is English in the English-speaking countries.

よろしくお願いします。

CDの再頒布について

今後CDの再頒布があるのか、ちょくちょくお問い合わせをいただきます。
諸般の事情から、CDとしての再頒布の可能性はとてもとても低いです。
(ゼロと言い切れずすみません・・・)

ムラサキオリジナルサウンドトラックDL配信元一覧

クロスフェード

]]>
http://musmus.main.jp/blog/murasaki-steam/feed/ 0