MusMus ブログ フリーBGM・音楽素材MusMus管理人の雑記 2018-11-17T10:57:16Z http://musmus.main.jp/blog/feed/atom/ WordPress watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[個性的?少数派だったフリー音楽素材サイト利用規約]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3843 2018-10-02T11:04:51Z 2018-10-02T11:04:51Z フリー音楽素材サイトの利用規約まとめ2018年版ということで新たにフリー音楽素材サイトの利用規約を調べたのでしばらくはこれをネタにブログを書けるぜぇゲヘヘというわけで、少数派とかちょっと変わってるかな?という規約内容をご紹介してみます

これまた興味深いですよ!

18禁禁止

かなり使用範囲を狭める条件ですね。これが個人サイトの規約なら理解できるんですが、販売サイトである2サイトともに設定されているのが不思議に感じています。お金出して買うのであれば使用目的はもっと自由でいいと思うんだけど。

ボカロ曲とインスト曲で利用条件が異なる

ボーカロイド自体にも利用規約があるため、それに合わせた結果と思われます。もしボーカロイドの利用規約に違反してしまった場合、その責任はサイト側にあるのでしょうか?素材利用者側にあるのでしょうか?

作曲者によって利用条件が異なる

作曲者が複数人いて、それぞれ異なる利用条件をもっているケースです。こうなると音楽素材サイトではあるけれど、楽曲を公開する場所を提供してあとは作曲者に任せるという、かつてのMuzieのような音楽投稿サイトの要素を持っているように思います。そもそも複数の楽曲提供者がいるサイトって販売サイトを除けば以前はそうなかったんですけどね。

わいせつ禁止だけど18禁OK?

わいせつな内容や公序良俗に反する目的に使用するのは禁止だけど18禁ゲームなどで判断がつかない場合は問い合わせてほしいとなっている規約。ということは少なくとも禁止ではなさそうなんですが、うーん・・・18禁ゲームでわいせつじゃなくて公序良俗に反しないケース・・・あるのかなぁ?そういうことも。ぼくの想像力が足りないのだろうか。

矛盾

利用規約内の文章に矛盾がみられるケースが2件ほど。どんなに利用規約を読み込んでも解決しないので気になる部分は問い合わせしましょう。

同性愛禁止

サイト側にも事情があってのポリシーだと思いますが・・・とても繊細な問題をはらんでいそうな項目です。

まとめ

とまぁ、気になった規約を抜き出してみましたが、矛盾などは規約をより良いものにしようと改良を重ねた結果生じてしまうものです。特に個人で運営していると内容チェックしてくれる人もいないわけですから・・・そのあたりは暖かい目でみていただければと思います。MusMusも含めて(重要)

そして、使う場合は利用規約は必ず読む。

更に更に、今回判明したのは、販売サイトで買ったとしても結局は利用規約をよく読む必要があるということ!

むしろ販売サイトって会社が運営してるからガチガチの規約になってて読むの大変かも。

皆さんの創作活動の参考に少しでもなれば幸いです!

]]>
0
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[6年でけっこう変わったフリー音楽素材サイトの利用規約のトレンド]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3746 2018-09-30T12:25:35Z 2018-09-30T12:19:20Z フリー音楽素材サイトの利用規約を2012年2018年の2回調べたので、6年間でどんな変化があったのかをまとめてみました。

なかなか興味深い結果となりましたよ。

全てのサイトが著作権を保持しているのは変化なし

前回の調査と同じく、著作権を放棄しているサイトは1つもありませんでした。これはとても重要なことです。
説明のないサイトも3サイトありましたが、著作権は著作物を製作した際に自動的に発生し、放棄するにはそれなりの宣言をしなければなりません。説明がないだけであれば著作権はそのままサイト側が保持していると考えてよいでしょう。

販売サイトが増加 1→2

1サイトから2サイトにじわりと倍増(!)しました。20サイト圏外にもたくさん現れてきています。無料じゃないなら何が「フリー」なのか?使用目的かな?と思ったのですが18禁コンテンツには使用できないなど使用制限も無料サイトより厳しかったり。この販売サイトの台頭についてはいずれ別記事にまとめたいと思います。

著作権表示が必要なサイトの増加 4→7

使用の際に著作権表示が必要なサイトが倍近くに増えました。と同時に以前は見られた著作権表示について説明がないサイトが今回は0に(原則不要だけど表示してもらえると嬉しいみたいにはっきりしないサイトもありましたが)
これは日本で著作権についての考え方、重要性が浸透してきたからでしょうか?今後の動向が気になります。

使用報告が必要なサイトが激減 7→1

前回調査では使用報告必須が5サイト、条件によって必要が2サイト、合わせて7サイトだったことを考えると今回の1サイトという結果は激減と言っていいかと思います。これも重要だと思うんですが理由は別の記事で・・・(こればっか)

まとめ

  • フリー音楽素材サイトは著作権を保持している(変化なし)
  • 販売サイトが増えてきている
  • 著作権表記が必要なサイトが増えてきている
  • 使用報告はいらなくなってきた

時代の変化に合わせてフリー音楽素材サイトも確実に変化してきています。次の記事では調査で感じたフリー音楽素材サイトの変化と未来について!

]]>
0
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[フリー音楽素材サイトの利用規約まとめ2018年版]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3692 2018-09-30T11:51:18Z 2018-09-27T14:20:47Z フリー音楽素材とは、本来は著作権に守られていて自由に使用できない音楽を、利用規約を設けることである程度自由に使用できるようにしたものです。

2012年にフリー音楽素材サイトの利用規約をまとめてみましたが、あれからだいぶ時間も経ったので改めて調査してみたところ、そこから見えてきたのは時代の変化と音楽素材サイトの未来でした。

取りあえず調査結果から!

調査方法

パーソナライズをオフにしたgoogle検索で「フリー音楽素材」を検索し、表示された順に20サイトの利用規約を調査しました。
利用規約以外の場所(FAQなど)に調査対象項目が書いてあったとしても、利用規約内に書いていなければ「記載なし」としました。

以下結果です。

著作権の保持

著作権を放棄しているサイトは1つもありませんでした。

chosakuken

非営利利用の料金

ほとんどのサイトが無料でした。有料の2サイトは音楽素材販売サイトです。

hi_eiri

営利利用の料金

非営利の場合は無料でも営利目的だと有料になるサイトがいくつかありました。

eiririyou

著作権表示

使用の際に著作権表示が必要なサイトもあります。

chosaku_hyouji

使用報告

前回の調査で見られた使用報告が必須なサイトはゼロとなりました。

siyouhoukoku

使用先コンテンツ内容の制限

前回調査していない項目です。
7件あった使用制限のうち5件はいわゆる18禁での使用が不可でした。いずれのサイトも18禁の線引きはあまり詳しく書かれておらず利用者からは判断できません。このようなサイトの楽曲を使用する場合は、少しでも危ないかな?と思ったら問い合わせて確認するべきかと思います。

seigen03

音源の加工

前回調査していない項目です。動画製作などシーンに合せて音を編集しなければならない機会が増えた今の時代を考えると予想通りの結果かと思います。

kakou

まとめ

まずgoogle検索で表示される最初の20サイトの顔ぶれは前回とかなり入れ替わっていました。

それでも、著作権を放棄しているサイトは1サイトもないということと、サイトごとに利用規約は全く異なるという重要な2点は変わりませんでした。

また、前回同様ちょっと入り組んでるかな?と感じたのは非営利利用と営利利用の扱いの違いです。非営利目的であれば無料でも営利目的の場合は有料となるサイトが4サイトありました。これは非営利と営利で利用条件が異なるダブルライセンスという状態です。どこまでが営利なのか?自分の利用が非営利だと思っていてもサイト側のポリシーをよく確認する必要がありそうです。

もうちょっと掘り下げた考察と、調査を通じて見えてきた音楽素材サイトの未来については、以降の記事へ・・・

]]>
0
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[コミケ94 ありがとうございました]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3656 2018-08-10T11:12:04Z 2018-08-10T11:10:01Z コミックマーケット94(2018/8/10(金) 西る-43b)に 「カタテマMusMus」 で出展しました。

頒布物などはこちらでした(丸投げ)

暑い中スペースに来ていただきありがとうございました!

ぼく自身も、初めてのコミケでしたがいろいろと楽しめました。

主な思い出

  • 駅からスペースにたどりつくまでで死にかけた
  • 夏コミ=脱水の意味を理解
  • 差し入れありがとうございましたm(_ _)m
  • 励みになるお言葉をたくさんありがとうございます!
  • ムラサキ劍サントラCDは、予想枚数の4倍持って行って、予想枚数の3倍旅立ってくれたので危なかった
  • 楽譜全然足りませんでしたごめんなさい
  • つか、楽譜ってそんなにニーズあるのか・・・?
  • 試聴は一度も利用されなかった(M3との違い)
  • コスプレした方々(M3との違い)
  • すぐ近くにいて視界に常にいるたつき監督
  • となりの人がフレンドリーで面白かった
  • 海外の方との交流
  • 小銭を床にぶちまけた
  • 他のサークルを回る余裕と気力がなかった

また何かのイベントなどでお会いできると嬉しいです。

]]>
0
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[コミケ94に出展します 【1日目 西る-43b カタテマMusMus】]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3650 2018-08-01T13:27:42Z 2018-08-01T13:27:06Z コミックマーケット94(2018/8/10(金) 西る-43b)に 「カタテマMusMus」 で出展します。

頒布物などはこちら(丸投げ!)

スペースにはてつ(カタテマ)とwatson(MusMus)がいる予定です。

何気にwatsonはコミケという空間に初めて足を踏み入れます。楽しみ&不安!

ぜひお気軽に(優しく)お声がけください。

よろしくお願いします!

]]>
0
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[御礼]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3640 2018-06-21T11:01:58Z 2018-06-21T11:00:43Z 前回のブログで終了と考えていましたが、個別回答を控えさせていただいたこともあり全くお礼が言えてないことが気になっていました。

たくさんのコメント、レスをいただきありがとうございました
全て読ませていただきました。

励ましのお言葉ありがとうございます。
批判的なご意見も勉強になりました。

類似曲の使用と販売の停止については完了した(或いはするはずの)お話ですので引き続きお答えは控えさせていただきますが、今後は建設的なご意見、ご質問などであればお答えできるかもしれません。

引き続きMusMusをよろしくお願い致します。

]]>
8
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[ご報告]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3629 2018-06-03T12:52:14Z 2018-06-03T12:52:14Z 先日のブログ記事「ひょっこりはんによる当サイト楽曲への著作権侵害について」につきましてご報告致します。

吉本興業様にお願いしました、

・当方の楽曲とそれに類似している楽曲の使用・販売の停止
・すでに二次配布した先への音源取り扱いの訂正連絡

これらをお約束いただけましたので、現時点ではこれ以上の希望は無く、これらが遂行されることを見守るのみとなっております。
すでに収録した映像や手続作業などもあることと思われ、遂行にはタイムラグがあることも理解しております。

本件で当方は一切の金銭を受け取らないこととしております。(泣く泣く、といった状況ではなく当方からの申し出です)
二次配布として音源を受け取られた方や企業様におかれましても、当方への利用料のお支払いなどはされないようお願いします。

また、報道機関様含め、お問い合わせやコメントへの個別の回答は控えさせていただいております。
ご理解のほどよろしくお願い致します。

]]>
31
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[ひょっこりはんによる当サイト楽曲への著作権侵害について]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3609 2018-09-06T07:04:22Z 2018-05-31T13:11:17Z 2018/06/03追記: この件についてのご報告

——

音楽素材MusMusの管理人です。

このようなお知らせをしなければいけないのは本当に残念で悲しいです。

当サイトの楽曲「sonorously box」が吉本興業の芸人「ひょっこりはん」によって使用されていますが、以下のような違反使用となっています。

  • 著作権表記をしていない
  • 著作権表記をしない場合の利用料を支払っていない
  • 他の企業などに「フリー音源」として二次配布を行った

また、mora、レコチョクなどで配信されている当サイトの楽曲を少し改変しただけのそっくりな曲は、当方が許可したものではありませんし、連絡もいただいていません。もちろん何ら報酬も受け取っていません

以下経緯です。

2017年以前 当サイトの楽曲の使用が始まる
2018年4月初旬 規約違反動画について日清食品に確認、2次配布されていることが判明
2018年4月初旬 芸人側とコンタクト、後追いで規約に準じていただければ良い旨伝える
2018年5月末 楽曲が改変されて販売されていることに気づく
2018年5月末 上記抗議と販売停止を依頼
2018年5月31日本日 抗議から1週間何も進展なし

以上から情報の公開に踏み切りました。

そもそも「二次配布」は違反の中でも被害が大きいとても悪質なものと考えていますが、きちんと対応いただければ不問にするということ自体当方の好意でしかありませんでした。
今回気づいた楽曲改変・無許可販売はそれを足蹴にされたという思いで非常にショックを受けています。

ですが、吉本のような大企業のことですからおそらく著作権関連の強力な顧問がついていることでしょう。
当サイト管理人のような個人が訴訟を起こしても結果は見えています。

普通に連絡して対応いただけないのであれば、もはや著作権侵害であることを皆さんに周知し認識してもらうしかありません。

以上、このようなお知らせで気分が悪くなった方には申し訳ありませんでした。

引き続きMusMusをよろしくお願い致します。

]]>
128
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[ムラサキ劍サントラ メロンブックスにて委託販売開始となりました]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3599 2018-05-18T13:04:01Z 2018-05-18T13:04:01Z ムラサキ劍サントラですが、このたびメロンブックスにて委託販売が開始となりました。

ムラサキ劍サントラジャケット

通販のほか、全国の店舗にも分配されているようです。

メロンブックスのサイトで各店舗の在庫が確認できます。
(便利な世の中になったものです!)

それから、委託開始に伴いサントラ公式ページのジャケット画像にかかっていたぼんやり感をなくしました。
蓬餅さんの素敵イラストを4m*さんに素敵デザインしてもらってます。

デザイン面ではCD盤面も好評のようです。

ご興味がありましたらぜひお手に取ってくださいませ!

]]>
0
watson http://musmus.main.jp/ <![CDATA[2018M3春ありがとうございました]]> http://musmus.main.jp/blog/?p=3572 2018-05-13T11:14:29Z 2018-05-13T11:14:29Z M3ではたくさんの方にスペースにお越しいただきありがとうございました!(遅い)

たくさんの方にムラサキ劍オリジナルサウンドトラックを手に取っていただけました。

差し入れなどもいただき嬉しい限りです。
以下、今回のM3所感です。

緊張

さすがに2回目のイベント参加。
前回のようにガチガチに緊張するようなことはなく、皆さんとの会話を楽しむことができました。

行列

ちょっと行列ができかけた瞬間がありましたが、小さめの列が何回かできたくらいで前回のような状況にはなりませんでした。
とはいえ2列になっていただき2人で応対させていただくことがありましたがこればっかりは申し訳なかったところです。
ちょっとくらい列になってもいいじゃないか的なことをてつ氏に言ったところ厳しく叱責されました。
こういったイベントでは他のサークルに影響が出る状況は絶対にいかんというのもありますが、わざと行列を作るサークルが問題になっているとかなんとか・・・認識の甘さを反省。
列が無くなってからお話に戻ってきてくれた方も。ご協力ありがとうございました。

好きな曲

今回の劍に限らずぼくの曲で「この曲が好きだ!」ということをいろんな方が言ってくださいました。
もうほんとに嬉しい!
こういう声を直接聞けただけでも頑張って手渡し頒布を選んでよかったと思えます。

そんな中で前作の「囲われたセカイ」を好きだと言ってくださった方が複数いらっしゃいました。
個人的にはこれが嬉しい。
「囲われたセカイ」はぼく自身のお気に入り曲TOPいくつかに入る曲なんですが、ネットでのエゴサでは良いと言っている人が少ないようなので。
いや~ありがとうございます。

いりす症候群!

「いりすの頃から聴いてるぜ」という方もチラホラ。
未プレイの方は是非いりす症候群!もよろしくです。

サイン

ぼくなんぞにサインをお求めいただきありがとうございます。多分すべて、てつ氏と2人で書かせていただきました。
教訓としてはCD表面にはそれなりの油性ペンでないと字が書けないということです・・・大丈夫だったかな。。。

テストプレイヤー

某テストプレイヤーさんとのお話は楽しかったです。

樋口秀樹氏

むかしのこと9で書いた樋口秀樹氏と十数年ぶりの邂逅!
あああ、懐かしい!全然変わってない!お話しできて嬉しかったです。しかしお話した内容のほとんどが個人情報でここで書けない!
そんな樋口氏、最近はイタリアに縁があるとのこと。>> http://tynwald.jp/
イタリアではPC98の頃のようなFM音源サウンド文化が評価されているらしく、当時のぼくの曲の感想も樋口氏のところへ来てると聞いてこれもまた嬉しい。

広がる輪

そしてびっくり、お隣のスペースの中島氏と樋口氏がお知り合いとのこと!
そんな流れで中島氏ともお近づきになれてうれしかったです。
つか、パズドラの作曲してますとかいわれるともうビッグタイトルすぎてピンときませんでした。
なんかぼーっとなって「あーそうなんですね」という薄い反応になってしまった。

まとめ

「うれしかったです」連発の小学生のような感想ばっかりですが、とにかくM3参加してよかった!
うれしかったです!

]]>
0