Gunshot Straight を使用したYouTube動画に不正な著作権の申し立てが来るようです

Gunshot Straight を使用した動画に SUISA_SESAC_CS  なる人物から著作権の申し立てがきたとのご報告が2件ありました。

2020年6月22日追記: UMPG Publishing というところからも申し立てが来たとのご報告をいただきました。

Gunshot Straight

楽曲はこちらです。

この公式動画には申し立てが来ていないんですよね。

ただ、この SA_SESAC_CS は他の音楽素材サイトさんの楽曲にも申し立てがくるようなので、トロール確定ですかね。

わざわざ公式かどうか確認してトロール行為をしているのかな?

申し立てを受けるとどうなるか

動画に SA_SESAC_CS の広告が挿入され、動画投稿者様の収益化が停止になります。

収益は SA_SESAC_CS に入り、MusMusには入るわけではありません。

対処法

通常は「異議申し立てを送信」で対処いただいて構わないと思われます。経験的にYouTubeトロールは異議申し立てを却下することはまずありません。法的に次の段階に進むと困るのは自分だからかもしれません。

ただ、異議申し立てによってMusMusのユーザーさんが不利益を被る可能性がゼロではありません。万が一異議申し立てが連続で却下されると動画を削除しなければならない場合もあります。

各自のご判断でご対応いただければと思います。

なんとかなりませんかね~YouTubeトロール。

| カテゴリ:Youtube | 0 コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください