漫画家K氏とPCゲームのBGM制作 | むかしのこと8

FM音源の曲を公開する場がPMD-BBSに移っていった頃、一通のメールをもらいました。

「僕は漫画家です。****さんの音楽をいつも聴いてますよ」
「今度ゲームの原画を担当することになったのですが、音楽を担当してもらえませんか?」

思わず「えええ?!」となってしまう内容でした。

ニコタマへ

メールの主は漫画家のK氏。

K氏はFM音源やゲームのBGMが大好きとのことで、BBSに上がっているPMDの音源も良く聴かれているようでした。

数回のメールやりとりの後、ぼくはK氏のご自宅まで遊びに行ったりするようになりました。場所は二子多摩川。森田まさのりさんの漫画『ROOKIES』(ルーキーズ)の舞台ですね。

川沿いをテクテク、K氏宅まで歩いたのを憶えています。

余談ですが、K氏のご自宅で見せていただいたもので特に憶えているのはコンシューマ版スナッチャー。BGMも映像もかっこいい!とのことで見せていただきましたが、これがほんとにかっこいい!ぼくがプレイしたPC88版には無かったオープニングパートのBGMに衝撃を受けました。

ゲーム1本の楽曲と効果音をやってみないか

お誘いいただいたのは、K氏自身が原画を担当するPCゲームのBGM全曲と全効果音の制作。PMD-BBSに顔を出していた関係から市販ゲームのヘルプ(数曲だけ書く)にはちょこちょこと入ってましたが、ゲーム1本全曲なんて初めてです。しかもぼくの大好きなRPG!これは嬉しかったですね。

Z社へ

そんな中、K氏と共に訪れたのが、池袋の閑静な場所にある制作会社Z社。池袋駅で待ち合わせてテクテク歩いてゆきました。(K氏といるとなぜか良く歩く)

なにやらK氏とZ社の社長さんが打ち合わせしているのを横目で見た(漫画家さんの描く原画というものを初めて見た)あとは社内の開発環境とか見せていただいたのですが、ガチガチに緊張してたので、唯一憶えているのは2人の女性社員さんが可愛いかったことだけです。

曲名から作曲

ゲームの作曲初心者のぼくへの配慮か、作らなければいけない曲数はあらかじめキッチリ決まった状態で渡されました。そして、全ての曲名が最初から付いていました。

今思っても、この依頼方法は作曲者にとってはかなりやりやすいんじゃないでしょうか。
曲名でイメージが浮かぶし、そのイメージがガチガチでなく適度なので。

報酬

学業と両立していただいた報酬は、一人暮らしで一月生きていけるくらい。

え?おれフリーランスで音楽で食っていけるんじゃね?

と思いましたが、そうそう甘くないということはもうちょっと大人になってから気づきました。だいたいフリーランスってことは自分で営業もしなきゃいけないわけで・・・まぁ大変ですよね。

樋口秀樹氏

ところで、K氏宅に遊びに行った際に紹介していただいた方が、作曲家の樋口秀樹氏でした。

つづく

| カテゴリ:むかしのこと | 0 コメント

コメントを残す