梅本竜氏とぼく | むかしのこと10

気が向いたときにむかしのことを書いてます。

FM音源で作曲していた頃の終盤。
梅本竜さんにお仕事のお誘いをいただきました。

fancy coco

いただいたのは、魔法少女ファンシーCoCoという、PC-9801版のゲームBGMです。5曲を梅本さんのヘルプという形でやらせていただきました。

このブログを書くために検索してみたら、どなたかがニコ動にアップしててびっくり!

ゲーム自体については、この動画の投稿者コメント、

PS移植されてCDドラマ化もされていたはずなのにマイナーな魔法少女ファンシーCoCoです。

が全てを物語っていそうです。
梅本さんからいただいたお仕事ということに加え、コンシューマにも移植されるかも?という当時のぼくとしては夢のようなお話だったのですが、ゲーム雑誌にもあんまり取り上げられず・・・いまいち盛り上がらなかった記憶があります。

でもそこは梅本さん、音楽が素晴らしいです。
特に「夏」は梅本さん自身曰く、「OPN音源での最高傑作」です。

EGG MUSICでアルバムとバラでも配信されてますので、FM音源好きの方は是非チェックしてみてくださいませ。

PMD-BBS

梅本さんとはPMD-BBSで出会いました。

今でこそtwitterやらfacebookやらで、いろんな分野の第一線の人とつながれる時代ですが、インターネット以前にこういった場があったのはすごいですよね。感謝です。

梅本竜

みじんこ、島田竜、梅本竜と、いくつかのお名前を持っていた梅本竜さん。

テキスト音楽「サクラ」を使っている人は、驚異的なデータを作る「みじんこ」さんとして知っているかも。

近年では「赤い刀」でしょうか。

ぼくはPMD-BBSにアップされていた曲で初めて梅本さんの曲を聴いたのですが(前も書いたと思うけど、当時のPMD-BBSにはフツーに市販ゲームの曲がアップされてたりしました)初めて梅本さんの曲を耳にしたときの衝撃ときたら。

とんでもない曲を作る人がいる!

ぼくが特に衝撃を受けたのはスラップ・ベースの音。

スラップ・ベースの音自体はFM音源の得意とするところで、当時から様々な曲で使われていました。イースのフィールドなんかでもベンベベ・ベンベベ・・・と鳴っていますね。

でもこれが実際のスラップ・ベースの演奏っぽいかというとまぁ、全然違いますよね^^;

梅本さんはこのこのスラップベースの表現がものすごい。

人間がベースを弾くとグルーヴを出すために弦を押さえるミュートを頻繁に使うので、けっしてイースのような「ベンベベ・ベンベベ」にならないわけですが(いや、でもイースのこのベースもチップチューンとしては大好物なんですが)、梅本さんはこのミュートが見事。

急逝

そんな梅本竜さんですが、2011年に急逝されました。本当に残念です。

その音楽の素晴らしさはとても一言では表現できませんが、作曲者として今でも尊敬し続けています。

| カテゴリ:むかしのこと | 2 コメント

“梅本竜氏とぼく | むかしのこと10” への2件のフィードバック

  1. toorisugari より:

    FM音源で探してたらたどり着きました。
    eve burst error からYU-NOと梅本さんの曲に惹かれてしまいました笑
    ファンシーCoCoってゲームの作曲もされていたんですね!
    すごく梅本さんらしくて感動しました。

    • watson より:

      ありがとうございます。
      たしかに、Fancy CoCoは梅本さんの作品の中でもあんまり知られてない隠れた名曲が聴ける作品な気がします。

コメントを残す