佐村河内氏の著作権料返還免除ってJASRAC側の都合なだけなんじゃ・・・?

この話題なんですが。

この記事自体も、いろんな人の反応見ても、「佐村河内ふざけんな」って論調のようなんですが。

じゃあ、もし佐村河内氏から全著作権料変換されたとして、そのお金の行先ってどこになるのか?って考えてみると・・・

新垣氏は辞退している。
じゃあ、JASRACに行く・・・でも変だよね?

元々そのお金はCD買った人や曲を使った人、つまりエンドユーザがJASRACを通して佐村河内氏に払ったお金なんだから、新垣氏に行かないのであればエンドユーザに払い戻されなければいけなくなっちゃうんじゃないでしょうか?

そして、そうなった場合、JASRACが差し引いたマージンも払い戻さなければならないかもしれない

JASRACが変換を求めない理由って、むしろこっち(マージン消滅&払い戻しコスト)じゃないかって気がしてます。

そうなると、もし佐村河内氏側から変換を申し出ても、JASRACの方が断るんじゃないかな?とか。

実際はわかりませんけどね・・・

| カテゴリ:雑記 | 0 コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください