Studio One 2 のクロスグレードバージョン

Studio One 2 のラインナップを見るとあれ?っと思いませんか。

最上位グレードが2種類あり、値段も違います。

Professional 最上位グレード
64bitオーディオエンジン
Professionalクロスグレード 最上位グレード
64bitオーディオエンジン
Producer 下位グレード
32bitオーディオエンジン
Artist No Image 他製品などに付属するグレード
32bitオーディオエンジン
Free No Image 無償グレード
32bitオーディオエンジン
当然ながら数々の制限あり

詳しい機能比較はこちら

この「Professionalクロスグレード」とは、他社DAWからの乗り換えを優遇するためのグレードです。

2012年6月時点で、通常のProfessionalよりも25%の値引きとなっています。

これで内容は最上位のProfessionalと全く変わらないのですから、使わない手はありません。

ぼくもこのクロスグレードを利用させていただきました。

このクロスグレードでは、購入後1週間以内に、これまで使っていたDAWのIDなどをスキャンし、送信する必要があります。

要するに、これまで他社製品DAWを購入して使用しているという証明をせよ、ということですね。

ぼくはSONARのインストールCDに貼ってあったIDをスキャンして送信しました。

但し書きには「スキャン」となっていますが、デジカメで撮影した画像でも良いのかは不明・・・

また、DAWならなんでも良いわけではなく、無償で付属していたDAWなどではクロスグレードの対象となりません。
(そういったグレードは、大抵は名称の尾に「LE」が付いていると思います)

クロスグレード購入後の旧DAWはどうなるのかというと・・もちろんそのまま使って構いません。

SONAR、Cubase、Logic、Protools、Live、DPなどなど、他社DAWをお持ちの方でStudioOne2の購入を検討されている方、くれぐれも間違って通常版を購入されませんよう・・・( ̄▽ ̄;)

| カテゴリ:Studio One 2 | 0 コメント

コメントを残す