キャッシュプラグインをW3 Total Cacheに変更 | WordPressの高速化メモ

WordPressのキャッシュプラグインを、WP Super CacheからW3 Total Cacheに変更してみました。

ものすごい効果を実感しています。

このプラグイン、様々なキャッシュができるみたいですね。

WP Super Cacheでもお馴染みページキャッシュは当然として、どうもデータベースキャッシュやらオブジェクトキャッシュなんてのもできる様子。

ただ、データベースとかオブジェクトをキャッシュするとサーバに負担がかかったり、キャッシュサイズがでかくなるようなので、とりあえずページキャッシュのみやってみました。

下がWebWaitの結果。

cache-before-after

左がWP Super Cache
右がW3 Total Cache(ページキャッシュオンリー)

うーん、速い!

つか、MusMus内の、wordpressでないページのどれよりも速い(笑)

これは凄いなぁ・・・

しかし、キャッシュが表示されれば鬼のように速いのですが、どうもキャッシュページがロードされる頻度が低い気がするんですが・・・何故だろう?

ガベージコレクションの時間設定(Garbage collection interval)
を、デフォルトの3600seconds から36000secondsにしてあるのですが、自分でページ開いても10時間近く前のキャッシュに出会えないんですよね・・・。

たまたまかな?

まぁ、そんなにブログ見てる人がいないってことかもしれませんが(笑)

あと、WP Super Cacheだってキャッシュページを見せているだろうに、どうして速度の差が出るのか、素人のぼくにはよくわかりません。

なんにせよ、もうちょっと調整と調査が必要そうですが、この速度が維持できるならサイト全体をWordpress化してもいいのかな、と思っています。

| カテゴリ:WordPress | 0 コメント

コメントを残す