MusMusのBGMを使った動画にYoutubeから著作権侵害の警告がきたときの対処

MusMusのBGMを使った動画がYoutubeから著作権侵害の警告を受けるという事例が続いています。

以前からちらほらあったものですが、ここ1週間で3件連発。

この数字は氷山の一角かもしれませんし、わざわざ問い合わせをするまでもなく動画を削除された方もいるかもと思うと胸が痛みます・゚・(ノД`;)・゚

だが、しかし!

一言で言えばこれはYoutubeの間違いなので、基本的に気にする必要はありません。

利用規約の範囲内で使っていただく限り、MusMusの楽曲が原因でペナルティを受けるようなことにはなりませんので、動画制作者のみなさんには冷静に対処していただきたいです。

原因はコンテンツIDプログラム

YoutubeにはコンテンツIDという仕組みがあります。
この仕組みに著作物を登録しておくと、Youtubeにアップロードされた動画内にその著作物が含まれているか自動的にチェックされます。

この自動チェックがどの程度の精度なのか技術的なことは解りませんが、ともかくこの仕組でYoutubeが誤認をやらかしていることは間違いなさそうです。

例えば、MusMusの曲しか使っていないのに、「SEKAI NO OWARIの曲を使ってるからダメ」、と言われちゃったりしています

コンテンツ ID とはコンテンツ所有者向けに開発されたツールで、これを使用すると YouTube 上の素材の著作権を簡単に特定し、管理することができます。

YouTube にアップロードされた動画は、コンテンツ ID ユーザーによって Google に提出されたファイルのデータベースに照合され、スキャンされます。システムによって動画とデータベース内のファイルとの間の一致が検出されると、関連するコンテンツ所有者のために動画が自動的に申し立て、その動画に対して指定されたポリシーが適用されます。
(Youtubeより)

コンテンツIDがマッチした後、どのような処理をするかは著作権者が設定できます。

コンテンツ所有者は次のポリシーのいずれかを選択できます:

  • 動画をブロック
  • 動画の収益受け取り
  • 動画の追跡

(Youtubeより)

連絡をいただいた方からの状況をみると、「ブロック」が設定されている場合、Youtubeから警告が来た時点で該当動画が「一時的にブロック」され、閲覧できなくなるようです。

「収益」の場合は、広告が勝手に挿入されます。
この収益もぼくとしては問題で、MusMusのBGMを誤認して大手に広告収入が入っていると思うと胸が(略

まぁ、動画投稿者さんとしてはブロックだろうが広告挿入だろうが同じわけでして、身に覚えがないのにいきなり「著作権侵害」とか言われたらびっくりしてしまうでしょう。

異議申し立て

これらの警告に対して、動画投稿者は異議申し立てをすることができます。

対処

「MusMusの利用規約を守ってるぜ!」という方は異議申し立てしてをしていただいて結構です。
書面で許可を受けているか、と聞かれたらたら、堂々と許可を受けていると答えてください。
書面はMusMusの利用規約ページで十分でしょう。
現在のところ、異議申し立てが認められなかったという報告はいただいていません(Youtube側の間違いなので当然ですが)。

未確認情報

警告を受けて一時的ブロックされたので異議申し立てしようと思ったら、次の日にはもう解除されてて著作権侵害の申し立ても取り下げられていた、という報告ももらっています。

どういう経緯かわかりませんが、誤認だったとYoutubeか著作権者が気づいて取り下げることがあるのかもしれません。どうやって気づくのかは謎。

(2014/01/26 加筆)

| カテゴリ:音楽素材考察 | 6 コメント

“MusMusのBGMを使った動画にYoutubeから著作権侵害の警告がきたときの対処” への6件のフィードバック

  1. MiS より:

    ・MusMus,watson様
     私もあなた様の楽曲を使用させて頂いております。
    ・他の方々の申し出のように、YouTubeから度々警告を受けます。意義を申し立てても認められた ことがありません。「意義は認められません」との返答です。
    ・最近(2015年)は「著作権の一致警告」が多発しています。MusMus様の作品以外でも、市販 の「著作権フリーCD」を購入して使用した例でも、YouTubeから警告が来ました。参考に警告 を受けた曲の会社名を列記します。
     ①Sound Maker. ②MUSI-Q、③おんこうくん 等です。
    ・昨年インターネットで検索したら「著作権詐欺集団」?がYouTubeに入り込んで来るという記事 を見つけました。この記事で詐欺集団?がリストアップされていましたが、私に「著作権侵害」 を申し立てた、団体および個人名と一致しているもの多いことがが判りました。この詐欺集団? は「限定公開」の作品にも入り込みます。この件についてYouTubeに報告しましたが「返答無  し」です。腹立たしい限りです。

  2. […] MusMusのBGMを使った動画にYoutubeから著作権侵害の警告がきたときの対処 […]

  3. NO NAME より:

    こんにちは。私もMusMus様の音楽を使わせていただいておりますが、この間(1ヶ月くらい前)全く同じことになりました。
    私の場合は大手の広告が入るようになっていましたが、異議申し立てをしそれが認められました。他にこのような事例になっている方はたくさんいると思うと複雑な気持ちです。
    せっかく作成した動画や音楽が誤認で使われなくなる事があるのはもったいないです。今後も使わせていただきますのでよろしくお願い致します。

    • watson より:

      ありがとうございます。

      >せっかく作成した動画や音楽が誤認で使われなくなる事があるのはもったいないです。
      とにかくこれですよね。MusMusのBGMが原因(本当はYoutubeが原因ですが・・)で手間がかかってしまうのはほんとに申し訳ないです。

      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

  4. 横濱kabitan より:

     私も、YouTube用に利用しようと思いましたがこの記事を読んで使用しない事にしました・・・でも、活動に賛同しましたのでこのコメントと一緒に入れたアドレス先にあるブログのブックマークにはリンク張りましたのでよろしくお願いします。

    • watson より:

      ありがとうございます。

      Youtubeにアップする以上、MusMus以外のどんな音源でも同じことではあります。

      機会がありましたら使っていただけると嬉しいです!

コメントを残す