AIきりたん新曲「リノリウム・アリス 」公開しました

 

NEUTRINO AIきりたんによる新曲「リノリウム・アリス 」公開しました。

告知が下手すぎてでいつも事後になってしまう・・・

楽曲はハイテンポなロック系です。

16分音符きざみな歌詞できりたんにもかなり早口で歌ってもらっています。一部歌唱が破綻したので歌詞ごと変えた部分もありますが、ほとんどの個所でついてきてくれました。改めてNEUTRINOのすごさを感じます。

この記事の最後に歌詞ものっけておきます。

MVはイラストをえんお様( @en_or3 )、動画をましくろ様( @mashi_kuro5656 )にお願いしました。すばらしいMVになって大満足です。

さて、この曲をもって昨年末~年始の数週間で作った一連のボーカル曲ストックは終了となりました。ありがたいことに最近始めたSkebにもご依頼いただけているのでしばらくはそちらで楽曲制作しながらMusMus用の楽曲制作も進めておきたいところです。

リノリウム・アリス 歌詞

リノリウム・アリス Alice in Linoleum

一体全体どうしてしまった
まるで一切合切閉ざされて閉まった 
どこまでも続きそうな闇
切開縫合繰り返して傷んだ
まるで実験材料被検体の体を包む真夜中の錆
纏わりつく記憶

窓から覗くは三日月 
歩く鉄面鉄扉見えない看守達
硬く響く足音
冷酷無情に振る舞う廊下の床に写るはにせものの情景  
灰色のリノリウム

知ってしまった 信じてなかった ただそこにある真実

Rewrite
打ち破って逃げ出した この狂った小瓶の中から
手で押さえた心臓が 踊りだして裂けて叫んで哭いて
近くが遠くなる この狂った時間の中から
絵画の迷宮で 演じ続けるのはもうやめた

一体全体どうなってしまった
まるで一切合切気づけば元通り
どこまでも続きそうな時

繋がれた足の鎖にはすり替えられた花と赤い蜜
モノクロのリノリウム

知ってしまった 信じてなかった ただそこにある現実

Relight
目を覚まして逃げ出した この狂った自我の檻から
手で押さえた心臓が 踊りだして裂けて叫んで哭いて
未来が過去になる この狂った鏡の中から
最後の城壁まで 走り出した足を止めないで

Rewrite
打ち破って 逃げ出した この狂った小瓶の中から
手で押さえた心臓が 踊りだして裂けて叫んで哭いて
近くが遠くなる この狂った時間の中から
絵画の迷宮で演じ続けるのは今日まで

目を覚まして逃げ出した この狂った自我の檻から
手で押さえた心臓が 踊りだして裂けて叫んで哭いて
未来が過去になる この狂った鏡の中から
最後の城壁まで 走り出した足を止めないで

| カテゴリ:ボーカロイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください