ロジクール(Logicool)の故障2年保証サポートが神対応だった件

 

watsonです。

DTMにはロジクール(Logicool)のゲーミングキーボードG512を使っています。

光ってかっこいいし、本体のメタリックな質感も素晴らしいし、何より打鍵が気持ちいい。何気に手元にUSBポートが増えるのも便利。

とても気に入っております。

が、使って数カ月ごろ、「\」キーの色が変わってしまいました。青に光らせていたのにこのキーだけ黄色・・・

どうしたのかな?なんて様子を見ること1週間ほど・・・・今度は「\」のライトは完全に消えてしまい、青が黄色になるゾーンが周りのキーにも浸食し始めてしまいました。怖い怖い笑

そこで思い出したのが、ロジクール(Logicool)のメーカー2年保証サポート

正直こんなにしっかりした商品が数カ月で故障するとは思っていなくてサポート保証のことは意識してなかったんですが、どんな製品にも初期不良ってありますからね。

でも、故障品を修理にだすのがだるいなぁ・・・なんて思っていたら・・・

神対応

結論から言うと、修理ではなく新品がもう一つ送られてきました。神か!

写真の上が新しく送られてきたG512、下が元々持っていたG512のパッケージ。(あたりまえですが)全く同じものですね。

やったこと

ロジクールのサポートに連絡することだけ・・・と言いたいいんですが、この辺りロジクールのポリシーがきちんとあるようでして、まずはユーザーにトラブルシューティングを行ってもらい、それでも改善しない場合に新品交換となるようです。そして、修理は提供しない(!)こともポリシーの一つのようです。

修理が提供されないのはなぜですか?

お客様により良いサービスを提供するため、弊社では新しい保証交換のみを提供しています。これを行うことで、弊社は RMA プロセス中の待ち時間を短縮することができます。新しい製品を提供することで、お客様は、新しく適切に動作する交換品を確実に受け取ることができます。

Logicool 製品の保証に関するよくある質問より引用

ロジクールサポートの受け方

日本の企業サイトの場合、サポート用のメールフォームに入ってから製品を選択みたいなパターンが多いように思いますが、ロジクールではちょっとだけサポートの入り口が特殊でした。

手順を以下に書き出してみます。

1. サポート専用ページ( https://support.logi.com/hc/ja )にアクセスする
2. 検索窓口で目的の製品を検索する
3. 製品のサポートページが表示されたら「知識ベース」のタブを選択する
4. 表示されたQ&Aやトラブルシューティングの一覧から「保証」を選択する
5. 「保証請求」を選択する

こんな感じでサポートに入れます。

サポートが動き出せばあとはメールのやり取りだけで完了します。メールではポリシーの通り最初にトラブルシューティングを求められました。それでも不具合が解消されないことを確認すると交換サポートになります。指示に従うだけなので簡単です。

サポート専用ページのトップに「お問い合わせ」のリンクがあるのでついついこちらをクリックしてしまいますが、そちらからリンクを辿ってもうまくいきませんでした。(うまくいくルートがあるのかもしれませんが・・・)

また、今回のサポートに必要だったものをまとめます。

サポートを受ける際に必要だったもの

  • ロジクールのアカウント
  • 製品シリアル番号
  • 故障がわかる写真

これらは上記手順を踏む前に準備しておいた方が早いはずです。

また、今回は故障品の返送は求められませんでしたが、サポートFAQには内部テストおよび製品強化の目的で返送を求める場合があると記載があります。故障した製品や故障の状態によっては返送が必要になると思われます。

ちょっとひねくれて考えると

ユーザーにとっては神対応に感じますが、企業(ロジクール)から見るとこれは戦略なんですよね。

故障を修理するとなるとそのための委託先か工場、窓口や人員など様々なコストがかかります。

それらへの投資や負担と新品交換の費用対効果を比較して、新品交換のみという選択をしているにすぎない。。。とはいってもユーザーにとっては神対応に違いないので遠慮せず享受しちゃいましょう。

あともう一つ、この辺のコストを削減する企業って、よくある状況には強いんですが普通じゃない珍しい状況とかになるととたんに崩れます。あまりない故障とか流通量が少ない製品とか代替品の在庫が無いとかになるともしかするとこうはいかないかもしれませんね。

まとめ

ロジクール(Logicool)のメーカー2年保証サポートは神対応でした。

ただし、ポリシーやサポート内容は将来的に変更となる可能性があります。

故障の際はロジクールのサイトで最新の情報を確認しながらサポートを受けてください!

| カテゴリ:DTM・音楽制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください