「魔法のクッキング」 BGM-083 ハッピーなオルガンジャズ

 

クッキングの音楽といえばオルガン! というのは例の番組に洗脳された日本人独特の先入観ですかね( ̄ー ̄)

テンポも速めですが、せわしなくて忙しいけどハッピーみたいな雰囲気を感じ取ってもらえたら嬉しいです。

単純なコード進行ですがメロディは半音階での細かい動きとペダルトーン的なAに飛ぶ動きとが入り混じって、結構工夫してます。

テンションノート的なメロディー

4小節目のメロディー「F」は、コードがD7の時なので9+ですね。D7ということは「D F# A」でここに何の考えもなく「F」なんて弾くと半音でぶつかって汚くなるわけですが、メロディーはオクターブ上、コードは下の方にある程度クローズドヴォイシング的な感じでまとめとくとジャジーでお洒落な感じになります。

コードでテンションを弾いてなくてもメロディでこういう音を使えばジャズっぽくなるのでひとつのコツのような気がします。

でもオルガンは難しい

でもオルガンの音は太いのでクローズドヴォイシングに向かない気もしますね。とてつもなく汚い音にもなりかねません。いかに音を間引くか?が大事なんだと思います。音を間引くという点ではぼくはまだまだ修行が足りません。

| カテゴリ:音楽素材

“「魔法のクッキング」 BGM-083 ハッピーなオルガンジャズ” への4件のフィードバック

  1. LIU ZHUO より:

    コンテストの応募用アニメーションで「MusMus-BGM-083」を使いました。
    料金も払いました。
    ありがとうございます。
    もし賞を取ったら、まだ連絡します。
    よろしくお願いいたします。

    • watson より:

      ありがとうございます。
      MusMusの音楽が少しでもお役に立てば幸いです。
      ご健闘をお祈りしております!

  2. 花音 より:

    楽しい!
    この曲もまたお気に入りの1曲となりました。
    いつもありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください