エヴァンゲリオンED曲とジャズ

 

オリジナル、アレンジの隔てなく、ぼくの音楽へのコメントで、以下のようなものをよく見かけます。

  • 「EVAのEDみたい」
  • 「ところどころにEVAを挿入してくるな」
  • 「エヴァっぽい」
  • 「何故かエヴァを思い出す」

うーん、そうなの?

ぼくはエヴァンゲリオンは弟が録画しておいたものをぶっ続けで1回観たのみなのですが、ちとエンディング曲の記憶がありませんでした。

オープニングはすごい印象に残ってるんですけどねー。

なので、なんのことやらよくわかりませんでした。

ですが、ネット社会のこのご時世。

アニメのエンディングくらいは検索するとすぐ出てきてしまいます(たまにMADだったりしますが・・・)。

で、探してみると・・・これかな?

うーん?似てる・・・?

曲は「Fly Me to the Moon

これってジャズのスタンダードナンバーですね。

ジャズ好きなぼくはエヴァ以前になんども耳にしている曲です。

でも、恐らく今の若い人たちってジャズなんか聴かないんだろうなぁ。

そういった若い人達にとって、それこそエヴァのFly Me to the Moonが、初めて何度もまともに聴いたジャズスタンダードナンバー、ということになるのかな。

つまり、要するに皆さんの言う「エヴァのEDっぽい」とは、「ジャズっぽい」ということではないでしょうか?

| カテゴリ:雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください