WordPressの各種フィードをそれぞれ一つのタグで書く

 

MusMusのブログパートはwordpressで構築しています。

で、サイトデザインと統一されたWordPressテーマは当然自作しています。

その中で購読のためのrssフィードやatomフィードのアドレスを配置するのに色々記載方法を検索してみたのですが、日本語のページの中ではなんかいいのが見つかりませんでした。

  • (サイトURL)/feed
  • (サイトURL)/feed/rss2/
  • (サイトURL)?feed=rss2

とかは良く記事になっています。が、そういうことじゃなくて、直アドレス書かなくてもWordPressタグで一発で書けるんじゃないかなぁ?と。

そしたら、英語の公式にありました、こんなの。
http://codex.wordpress.org/WordPress_Feeds

URL for RDF/RSS 1.0 feed 
<?php bloginfo('rdf_url'); ?>

URL for RSS 0.92 feed 
<?php bloginfo('rss_url'); ?>

URL for RSS 2.0 feed 
<?php bloginfo('rss2_url'); ?>

URL for Atom feed 
<?php bloginfo('atom_url'); ?>

URL for comments RSS 2.0 feed 
<?php bloginfo('comments_rss2_url'); ?>

これならワンタグで書けて、しかもブログURLを移動しても安心ですね。

実際にはこんな風に書いてます。

 <li id="rss" class="widget-container">
  <h3>MusMusブログ購読</h3>
  <ul>
   <li><a href="<?php bloginfo('rss2_url'); ?>">RSS2.0</a></li>
   <li><a href="<?php bloginfo('atom_url'); ?>">ATOM</a></li>
  </ul>
 </li>

多分この辺の記事が見当たらないのは、RSSフィードってみんな普通ウィジェットでサイドバーとかに表示するか、プラグインで表示してるからで、需要が無いのかもしれませんね。

ぼくは凝ったブログにするつもりはなく、ウィジェットも使ってないので、こういったタグで十分なのでした。

| カテゴリ:WordPress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください