Studio One 2 | 64bitオーディオエンジン次世代DAW

PreSonus Studio One 2を最近いじっています。

新世代DAWなどと呼ばれるDAWなのですが、今までのDAWと何が違うのか?

古いOSは切り捨て

まず、最初から64bit環境を想定して作られていることが挙げられます。

これまでのメジャーなDAWは、もともと32bit環境の時代から存在していたわけで、そこを機能追加、改訂、64bit対応、で今日まで来ているため、いろいろな縛りが生まれてしまっているようです。

そういったしがらみにとらわれていないのがこのStudio One 2です。多分。

どうやらStudio One 2のメイン設計者は、かつてSteinbergに所属しNuendoCubeseHALionPlexVST規格(さらっと書いてますがすごいラインナップです!)などの開発に関わったヴォルフガング・クンドゥルス氏とマティアス・ユーヴァン氏という方々のようです。

クンドゥルス氏が開発早期に打ち出したコンセプトは、音質を第一に考え古いOSやPCをサポートしない、というもの。

だからこそ、64bitモダンCPUの力を最大限発揮できる、とも言えます。

64bitオーディオエンジン

また、ソフトウェアとしての64bitとは別に(混同しがちですが)、オーディオエンジンも64bitになっています。

だからなのか?今までたいして音質をきにしてこなかった僕の耳にも、StuidioOne2で録音したトラックが素晴らしい音なのがわかります。

最後に一つ。

最初に立ち上げた際は何故かオーディオエンジンが32bitになっています。

StudioOne2 64bit audio

Studio One 2 64bit audio

環境が許せば、ここを必ず64bitにしましょう!

StudioOne2 についてはDigital Monotoneさんの記事がとても詳しいです。

| カテゴリ:Studio One 2 | 1 コメント

“Studio One 2 | 64bitオーディオエンジン次世代DAW” への1件のフィードバック

  1. [...] Presouns Studio One 2 には強力なオートメーション機能が実装されています。 [...]

コメントを残す